昨年後半から先月まで怒涛の仕事量で、ちょっとやりすぎだよなあ…という毎日、3月に入ってやっと「あぁ、ひまだ」という時間ができるようになって少しうれしい日々。
念願だった海外での仕事も初めてこなし(ちょうど今日、入金もあって安心)色々と変化を感じている。海外に行き始めるとやっぱり流れみたいなものが変わってきていると思う。良い変化もあるが、当然、あまりよくない変化もある。変化を望みたくない会社からの契約は小さくなってきた。でもこれは当然だと思う。逆に海外向けのやや難しそうな案件候補や、海外に行ってください、と言う仕事が増えてきている。私の目標は、海外3分の1、日本3分の2。半々になってもいい。偉そうにいろいろ表に出て言うのはあと10年くらいであとは海外中心にしていつの間にか忘れられる。日本で私の属する業界が保守的で発展しないのは、重鎮たちが70代でもなお偉そうにふるまっているから。さっさと消えて欲しい。私は彼らが消えたらスっと国内に戻ることもあると思う、必要に応じて。できれば、表じゃなくて、下支えで活動したい。
それで、英語は引き続き勉強中だが、なかなか向上しない。英語で仕事できたのは奇跡だよな。でもみんな、こんなもんなんだろうか。。。