今日、採卵でした。ここでいったん身体を休める方針の病院なので、怒涛の展開はひとまずここまで。
前々日の23時に注射を打ちに行った。昔入院してた病棟に行くのはなんだかな〜な気分でもあり。注射後は副作用なのか帰宅してバタンキューしてしまった。
翌日はゆるっとした気分で過ごすものの、卵巣が腫れていて苦しくてあおむけで横になっているのが一番気分がいいという状況でありながら、私の母とR氏と食事の約束をしていたので決行。麻酔の都合で、前日食事は21時まで、翌朝は7時までお水OK、以降はNGとのことで備える。もう腹はパンパンだし眠いしでやはりばたんきゅー。
当日。8時前に病院に行きなんとか一番手を死守。R氏も私も仕事に早く戻る必要があるため急いだ。エコーで卵子がいくつかあることはわかったが、特に説明はなく、個室に入り点滴開始。そのうち点滴ぶらさげながら処置室へ。まるでオペだわ。。。静脈麻酔が入り、目が覚めると病室。朦朧としながら「卵はありましたか〜」とナースに聞き「彼がいない」とだけ呟いた。「今お連れしますよ」の前におなかがとても痛かったので「痛いです」というと座薬投入。その後ほっとして2時間ほど休む。結果、卵子は5つ採取でき(この年齢では平均的らしい)顕微でやるらしいとのこと。
通常、翌日くらいに電話でうまくいったかの連絡をするが、Fドクターは今年からやめたそう。理由は「患者さんを一喜一憂させてしまうから」だそうで、どうにも確定するまではわかんないんだそう。ということで、どうなったのかの結果は、来週までお預け。あとは天に祈るのみ。ちなみに、私たちはあと1サイクルくらいはやってもいいけど、それ以上はなしと決めてる。あんまり個人体験談は読まないようにしているが、辛くなるステージはこの後なんだろうということは、なんとなくわかる。でも、例えばこのタイミングで友だちから「赤ちゃんができた」という話を聞いても、別にショックはないだろうと思う。こればっかりは、運命だと思っているからなぁ。

と、いっても莫大な金がかかるのです!私の年齢は助成金アウトなのでもらえませんが、ここまで金がかかるのは正直驚きです。