順調だった彼と私に初のトラブル、しかもでっかいのが発生していました。いました、と過去形にできて良かった、という感じ。簡単に言うと、彼のほうの過去のお荷物と大切な存在あらわる、といいましょうか。。。いつか対峙しなくてはなんて思っておきながら、急に転がり込んできた話なので私は面食らいかなり取り乱してしまった。
そのことについては私は経験がなく想像しかできない。何が起きてるのかさっぱりわからん。私としては面食らい混乱して姉に相談したりするものの受け入れられず。毎日夜話したけれどとある夜ほぼ一晩中夜が明けるまで話し合ってなんとか落ち着いたという感じ。
彼の悪いところも私の悪いところもよーく互いに見えて良かったんじゃないかと思っている。もめごとなどはなさそうだな、と思っていたので本当に驚いたが、話し合って解決できてよかった。

ちなみに私はこれまでの様々な失敗から、自分の周囲で起きていること、どんな人に囲まれて仕事しているか、バレエをやっているかというのをぜーんぶオープンにして話すようにしている。後から「実はこの人は重要で」とか、「言わなかったけど大切な○○」みたいなことになって揉めないようにということ。彼はその部分が彼自身の中では私に伝えたつもりで、私はその覚悟があるのだろうと推測してしまっていたことが原因。話し合ってそれは成立していなかったことが分かったので、今後同様のトラブルは起きないであろう…。別のことがあっても、たぶん、話し合って解決できると思う。一つひとつが、関係を積み上げるために必要なプロセスなのだな。
あとは、なるべく一緒に時間を過ごすことに尽きると思う。