ガラディナー

年末年始某海外リゾート(アジア)で過ごしました。いわゆる欧米スタイルで過ごす高級リゾートだったのですが、なかなか面白い経験をいくつかしました。そこはあらかじめ日本人スタッフもいないし英語しか通じないことは織り込み済みで行ったのですが、英語が母国語ではない同士での会話は結構きついもんだなと時々思ったりもしました。
New year's eveはガラディナーでした。年末年始を過ごすんですから、こういったイベントは大切です!でもガラディナーって何??状態だったのですが、まぁいわゆるアメリカに行った時にもある夜はカクテルパーティから始まってディナーかな?までは理解できていたのですが初体験のためまったくイメージつかず。ツアー料金にも含まれてるし、そのホテルはそれ食べないと何のディナーも食べられないし…というわけでもちろん参加することに。(後でぐぐってみるとどうしても出たくない人たちもいるみたい、それも理解できる)
せっかくの機会なので私は日本では着られないでしょそれ!という感じのドレスを着ることにしていました。一番欲しかったのは逃してしまったのですが、ま、これは普通ありえないね、というカットのドレスを買って行って着たところなかなか負けてない感じがしました。私は背が高いのでこういう時だけは負けない自信があります(笑)。私がもし身長が高くなかったら、品のいい浴衣を着たかも。
にしても、男性はシャツとパンツくらいでずるいなーと思いましたよ…女性はみな着飾っていてきれいでした。背中がばーんと開いたホルターネックのドレスとか着たかったなぁ。
もしかすると誰かの参考になるかもというのと、自分の備忘録としても、いちおう記録します。
<当日まで>
ホテル到着後チェックインの時にホテルスタッフがやってきて、ガラディナーについていろいろ話をされます。ツアーなら、ガイドさんが助けてくれるかも。私の場合は英語が話せるということで自分でやりました。
・レストランの座席リザーブ
・コール料理の、メインの選択(肉か魚)
・ワインのリザーブ(グラスで飲んだり、アルコールを飲まないなら、予約の必要はないです)
・大体の流れについての説明(カクテルパーティやイベント→ディナー→プールサイドで花火などなど)
<当日>
19時頃〜20時頃
カクテルパーティといろんなゲーム、ショーがありました。飲み物やピンチョススタイルでの食べ物などつまみながらショーを見たり、ゲームをしたりして遊びました。私は風船割りゲームなどをやってさんざん楽しみました。ショーのクオリティはご愛敬ですよ。ここでだいたい、だれがどういう服装をしているのかを楽しんでそれぞれのカップルで話をしていたような感じです。女性一人で参加しているツワモノもいました…(彼女は翌朝ひとりで朝食をとっていたので本当に一人で着た模様、凄い。日本人じゃありません)
20時頃〜22時30分頃
ディナー。コースなのでここはまあ何もなしというか。ディナーのお味はまぁまぁ。。。ワインが一番美味しかった。食後ぼんやりしているとそろそろ花火が始まりますよ…とスタッフから誘導あり。んじゃ、とプールサイドに移動。
23時頃〜
段取りはさっぱりわからないけどプールサイドに移動。席は自由。飲み物を勧められるけどすでに酔っぱらっているので要らないと伝えても全然OK。パフォーマーによる演技とホテルスタッフの演技がパラパラと続き、5分前くらいに全員にスパークリングワインが運ばれました。1分前になるとDJから「あと1分ですよ!」でカウントダウン、ここからはそれぞれで面白かった!10秒前からずっとキスしているカップルや、カウントダウンを一緒にするカップルなど。2016になった瞬間ほぼカップルはみんなブチュー♡でしたね。ゲイカップルも何組かいて、自由でいいなあって思いました。この瞬間に花火があがるので、それを楽しみます。日本ではありえない近距離で結構巨大な花火なのでそれはそれで見ごたえありました。ほかのホテルの花火も見えるしね。
あとは三々五々、という感じですが一晩中ギャーという声は聞こえてました、新年だから何にも気にならず。<ドレスコード>
ホテルから案内はありませんが、暗黙の了解でパーティ用の服装、ってことでしょう。上記少し記載しましたが、男性なら襟付きのシャツとパンツ、女性はドレスでしょう。
とある男性(アジア人ではない)がラルフのシャツに黒い蝶ネクタイをしていて、なるほど、それってアリだわと思いました。
女性は、日本人と思しき人たちはみなリゾートワンピース、または日本での披露宴的なワンピースが多かったですが、ハッキリ言ってそれはダサいです。お腹が出てようがなんだろうが体の線をもうちょっと出して大胆に決めたほうがいいですよ。ZAR○とかに行けば安いお値段で一年中そういったドレスが買えます。しかも、1万円以下で。私は今回そうしました。
<感想>
また行きたーい、と思ってます。楽しかった。来年のドレスを考えよう…