バレエ

新たな教室での夏の舞台が終わった。これまでにない小さなホールで、しかもVaは自由に選べ(自己責任)衣装も自分で選べ(こちらも自己責任)すべてが自己責任な、お子様中心教室のおとなの舞台でしたが、これだけの出張、家づくり、仕事をこなしながらよく…

今の教室はきっぱり辞めるつもりだったが、長年の友に慰留され、考え直した。完全に一気に辞めるのも、周りへの影響もあるだろうし、ということで、考えに考え、徐々に別の教室に半分身を置く計画にして、計画その1は遂行完了した。明日から私は新しいスタジ…

決心

師匠とは色々と工夫を私なりにしてきたつもりだが、限界。私にとってバレエは大切な趣味だけれど、趣味以上の要求をしてくる師匠についていけなくなった。あとは助手先生達にも変化がありここ数年師匠の裸の王様ぶりが激しく、見ないふりして友人たちに囲ま…

もうすぐ本番。今回は実はだーれも、積極的に呼んでいない…家族と彼、それでも行くと言ってくれる方はお呼びしているけど、過去最少。今回は私が好きな演目ではないことと、全体の仕上がりというか…まあ、自然にそうなってしまった。一番大きいのは自分のバ…

そういえばバレエを始めてまる11年経過し、12年目に突入していた。(10月から)干支一回りしたかあ。

単純な私は色んな人と話をして反省した。みんなひとつの演目で何をやるかは悲喜こもごも。みんなもそうだし私もそうです。 改心してもうちょっと周りに気を配っていこう。

あらら…深刻なやる気ナス子になってしまった。んでも次の舞台は亡き父が見たら「なんじゃありゃ?」って言うと思うので、父は見なくてよろしかったと思えば良いか。でも姉とか母のほうがハッキリ言いそう。「誰のための舞台?」とな…

ここ数年楽しみにしている発表会の配役が私にとっては「ワケガワカラナイ」状態。 でも、これは自分自身が欲深くなっているのだな。わたしはもっといい役が踊れます〜、みたいな、エゴ。あの人が何でまたいい役を!?みたいな。みたいな。心が汚れてるから実…

大失敗でした。舞台。練習をしすぎて、疲労から、足首がふにゃふにゃになってしまった。足がそんなことになり、突然、リハ中に踊れなくなり、精神的に散々に。考えすぎなんだよね、ってわかってるけど、とりあえず舞台前は足首の回復に集中して舞台を踏んだ…

始めてから長いこと経ったっていうのもあるけど、不思議なもんで、このお稽古事は人生に大きく密着しているのだ。 親の病気だってなんだかんだ、師匠に話すことになるし、自分の健康についても、そうだ。仕事やら、家庭内のことやら、、まあ、それは舞台に出…

いろーんなことがあって1年経った。 私なりに師匠に対して申し訳なかったと考え、あるがままに行動して、こちらからもだいぶ失礼かなと思いながら働き掛けを多く実践してきたし、ついつい間違えて弱音を吐いたり、でも、できるだけコミュニケーションを取る…

急に氷解した。師匠は何で私に何も言ってくれないのか。とずっと不安だったし、疑問を持っていたし、悲しかったし、放っておかれているのかと思った。でも、今年いろんな姿を見ていてわかった。たぶん、「あんたは分かっているでしょう」という事なんだと。…

悪の存在にあこがれる。というわけでバレエでも黒系のものに異常に惹かれるのですが、やっぱり黒鳥には特別な思いがあります。縁がありVaを練習していますが、テクニックはいざ知らず、やっぱり表現面ではピタリ来るものがある。。。いつか踊れるようにがん…

そういえば

バレエをはじめてまる9年。 10年目に入りました。思えばはてなもこのエントリから始めたのだよね。。 http://d.hatena.ne.jp/bambipants/20031108

先日の舞台映像を確認した。PDDでなければもう「あーみっともない!!」っていうのはかなり減ったのかなあ、とも思える。贔屓目だけど。 そういえばこの前の舞台の後に、うなだれる私を横目に子どものときからバレエをずーっと続けている友人(とても上手)…

知人の舞台を観に行ったのだけど、内容、踊りともに全体を通して非常によかった。何が良かったって、とても上品だったこと。表現の仕方の統一感がよい。見ていてとても気分のよい舞台だった。子どももいる舞台だったので、親御さんたちはあの発表会見たら安…

ロンドン五輪閉会式のダーシー http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/08/13/article-2187413-14859FA1000005DC-8_964x660.jpg

誰にも言えない事を書いてみる。先日ひそかに舞台を終えたが散々だった。でも、その散々っていうのがまあいろんな要因があるんだけど、一つは、まんなかを経験した後に通常に戻ったら、あれまぁ自分のできなさ加減にあきれ果てるというか、よくあんな役を踊…

実はひそかに舞台がもうすぐ。悲しいことに怪我が治っていないので、十分に踊れていない。でもみんな、割と、そのことに気づいてない。でも私がケガの足でろくろく1回転もできてないこと、私は、知ってる。自分のことだからね。逆足ではグルグル回ってること…

怪我その他で一度大きく折れてしまった気持ちやら何やら。初夏を感じられる時期になり、すこしずつ自分がどうしたいのか、が見えてきた。年も年だ。 もう、そんなに今後が長いわけでもない。いくら素人舞台といってもババアすぎるババアが真ん中および真ん中…

師匠の言葉を繰り返し反芻してみた。そうか、踊るには、日和見ではいけない、強い意志を持て、ということか。実は、大好きな先輩からもずーっと同じことを言われ続けていた。「どうして仕事ではそんなに強いのにバレエではよわよわしいの?」と。踊りのやり…

Le Corsaire Pas de Deux (2009) - Daniil Simkinこれは確かリアルタイムで観た記憶があるのだけど、それにしてもダニールすごい。

初心に帰るべく…というよりは偶然長風呂をしたので、過去の自分の記事を辿ってみた。やはり、ここ数年は基本的なことを忘れていたとつくづく思う。 以前の私のほうがよっぽど冷静で謙虚だ。考え直そう。傲慢になるほどのテクニックもないくせにかなり勘違い…

舞台が終わって一週間ほど。仕事が忙しすぎてよく整理できていないんだけど、「楽しかった!!」っていうのはないんだよね。「たのしく踊れました」って去年までは言ってた気がする。そういうの、ない。ただ、奇跡みたいな空間に身を置くことができて、そこ…

ふと自分のことを思う。私って結構図太いし強い、、舞台の本番のことを想像すると眠れない日々が続いたのだけど、あれれ、、よく考えろ、仕事でもこういった大舞台に立たされることもあるでしょうよ、と冷静になって気づく。その時に自分はどうしているか? …

師匠はすべて私のことをお見通しなのか、それとも、私がそのように理解するのか、分からないけれど、、、師匠が私に「やりなさい」ということには必ず意味が一緒にくっついてくる。私なりにその経験を持って学んだこと、得たことは、必ず師匠にフィードバッ…

師匠と弟子

こんなエントリ二度としませんが、今日は書いてみようと思います。思えば、バレエの先生ともお付き合いも長くなり(といっても私はあくまでone of themであるが)距離も密接になったり、離れたり、イロイロなことがあるなと思う今日この頃。ある時は地の果て…

踊り初めはもう終わったが2011の踊り収めも散々、2012の踊り始めも散々ということでまったく悲惨な状況である。が、こちらは、悲観的要素はバレエ単体でみればないので、目標はちゃんと考えてみよう。(バレエも家庭環境その他もろもろ整ってはじめて成立す…

減らしたくもない体重ですが、男性と組む予定があるので、仕方なく、食事はかなり最小限にしています。ちなみにリハの日は固形物はあんまり食べません。 お米は食べます。途中はウィダー系のゼリーくらいかな。あとはドリンク。私は胃下垂なんで、食べると腹…

バレエって本当に難しいんだね。と思うのは、Vaレッスンに出た時や、PDDのレッスンをしたときに思うことだけれど、いわゆる主役または準主役が踊る踊りっていうのは、難しくできているんだな、って思う。 でも、観る人には、やさしく、わかりやすい。だから…